福知山の清水ペットクリニックHP 犬猫の病気・避妊手術・去勢手術・フィラリア予防は当動物病院まで。
> > マイクロサージャリー その1

マイクロサージャリー その1

 

 

さて、前回にひきつづき手術顕微鏡を使った
マイクロサージャリーについて
具体的な手術例を挙げると...

 

 

 

「舌の裂傷」

 

毛先をカットしてるときに誤ってワンちゃん(超小型犬)の舌を

ハサミで切ったようです。

 

 

舌は、皮一枚でつながってるかのようなプランと切れた状態でした。

 

 

縫合糸7-0により表と裏をそれぞれ縫合。術後も良好です。

 

 

 

 

「角膜破裂」


もともと角膜潰瘍(眼の表面にある角膜の傷)があり、目薬を家でできず治療が難しい子でした。

いったんは治ってたようなんですが

 

 

 

ある日突然、角膜が破裂!

 

 

 

 

血餅がまじった眼房水があふれでていました。

 

 

前眼房内に生食を注入し膨張させながら、8-0により角膜縫合をします。

結膜より有茎皮弁を作製して角膜縫合した部位に覆いかぶせます。

 

 

 

 

 

結膜皮弁上の血管が豊富であり、透きとおるぐらい薄ければ

術後の皮弁トリミングも必要ないかと思います

 

 

 

ペキニーズ 4歳 角膜縫合および結膜有茎皮弁術 術後4ヶ月

 


ほかには猫の包皮粘膜を利用した会陰尿道瘻設置術や
犬の椎間板ヘルニアにもマイクロサージャリーは大変有用です。

 

 

今度は犬猫の尿管結石についても詳しくご紹介したいと思います。