福知山の清水ペットクリニックHP 犬猫の病気・避妊手術・去勢手術・フィラリア予防は当動物病院まで。
> 最新情報&院長ブログ

最新情報&院長ブログ

rss

件数:88

 

 

大事なこと書き忘れていました。

 

それは

 

 

「若いうちに去勢することにより、会陰ヘルニアをほとんど防ぐことができます」

 

 

とくによく吠える子は早めの去勢をオススメします。

 

 

 

前回の内容の続きを詳しく説明してほしい!という獣医の先生からの要望もあり、やや専門用語を使ってるとこもあります。どうぞご了承ください。

 

会陰ヘルニアにおける当院の外科的治療をご紹介します。
まず前回の難しい点を、どのように解決していくか

 

 

「ない壁(骨盤隔膜)をつくりあげる」

 

本来あった壁を頑丈に修復するには?

 

ほかの部位から、筋肉を引っ張ってくる方法もありますが、筋肉への虚血や痩せている子(少ない筋肉量)では難しい場合があります。そこで縫合糸にも使われているポリプロピレンメッシュ(以下、PPメッシュ)という材料を用い、筋肉の代わりになるよう設置します。しかし、ただ筋肉にPPメッシュを縫い付けただけでは、土台となる筋肉が頼りない(地盤がゆるい)ため、腹圧に耐えられないことも。理想的なのは骨盤隔膜があった位置に代わりとなるものを強固に設置することが重要ではないかと考えます。

 

会陰ヘルニアPPメッシュ修復術
ポリプロピレンメッシュ(以下、PPメッシュ)を特殊な器具を用いて、おしりの骨にある穴(骨盤の閉鎖孔)に通します。尾の根元にある骨の靭帯(第一第二尾椎横突間靭帯)へPPメッシュの両側断端を結びつけます。

 

 

 

 

 

この方法が優れている点は、解剖学的に骨盤隔膜と似た配置になるだけでなく、たるんだ直腸を支え直す点にあります。当初はこの術式だけを行っていました。おかげでヘルニア再発例はゼロだったんです。しかし、しぶりが解消されない、つまり直腸のたるみを完全に修復できず自力排便が難しいケースがでてきたのです...そのため当院で考案した以下の方法をプラスしました。

 


「のびきった直腸を元に戻す」

 

のびて膨らんだ直腸をどうすれば?

 


直腸縫縮術
肛門から指をいれ、最もうすく伸びている箇所を手術ペン(ピオクタニン)でマーキングします。その部分が円から点になるよう直腸近位から肛門括約筋にかけマットレス縫合を行います。数年前に学会発表した時は単純結紮で縫縮していたのですが、1例のみ肛門直下の直腸にゆるみが再発し、たまにしぶりの症状がでる例がありました。そのため肛門括約筋を少しだけひろうマットレス縫合に変えたところ、肛門直下のゆるみを修復でき、結果として手術時間の短縮にもつながりました。

 

 

 

 

 

「PPメッシュは人工材料だから異物反応がでるんじゃないの?」


ー 獣医師にも聞かれるんですが、当院での異物反応は0%です。ただ海外文献では5.6%だったという報告があるため、非吸収糸(プロリーンなど)にすら異物反応を示す子には、難しいかもしれません。

 

 

余談ですが、お腹から肛門側の腸管をひっぱり固定する方法もあります(結腸固定術)しかし、この方法は基本的に直腸脱の予防に施すためであり、肛門周囲ののびきった直腸に対しては効果ないと思うんですね。またこれだけの手術で治せるということも聞いたことあるんですが、壁がつくられず直腸を支えることができないため、便がたまったり?“しぶり”が残ってしまうのでは?...ただ賛否両論あるんで...これ以上は...控えさせていただきます。

 

 

 現在まで会陰ヘルニアppメッシュ修復術+直腸縫縮術26例の治癒率は96%(25例/26例中)です。先ほど述べた軽度の合併症があった1例は、現在の縫縮法であればカバーできるかと考えています。問題あれば今後術式も変更するかもしれませんが、この方法が現時点でのベストです。

 

 

 

会陰ヘルニアグレード4の術後です。X線読影に鋭い方なら気づかれたと思うんですが、この子は先天的に恥骨欠損してました。しかし難なくPPメッシュも固定でき幸い術後経過も良好です。

 

 

 

熱が入りえらく長々となってしまいました。 

 

 

 まあ 単純に

 

 

 「先生、良くなったよ」

 

 

 この言葉を聞きたいだけなんですけどね

 

 

 

3月17日(金) 午前診療の9~11時の時間帯だけ

誠に勝手ながら院長のみ不在とさせていただきます。

顧問獣医師は待機しております。

 

なお午後診療(16時〜19時30分)は通常どおり診察しております。

予めご了承ください。

 

 

まずい...

 


これはまずいなー

 

 

 

獣医師として、
いや、いち飼い主として。

 

 

 

いろいろ試行錯誤しましたが
近々ダイエットに本気で取りくむ所存です。

 

 

 

 

このレントゲン写真 ↓ ごらんください。

 

 

獣医師なら、もちろんわかりますが
飼い主様でも、なんとなく異常がおわかりになるでしょうか?

 


このワンちゃんは、お腹の中のある腸管、膀胱、前立腺、そのほか腸間膜組織や脂肪などあらゆるものが、おしりの横へと飛び出しておりました。この病気は、

 

 

 

会陰ヘルニアのグレードIVです。

(重症度判定にI〜IVまであり、IVが最も重度)

 


簡単にいうと♂ホルモンの影響で、おしり周り(直腸周囲)にある筋肉の集まり(骨盤隔膜)がなくなるため、お腹の中にある臓器や組織が、おしり周りに飛び出してしまいます。(左側あるいは右側もしくは両側から逸脱) また直腸の支えもなくなるため、直腸の壁がしだいに伸びていき排便がうまくできなくなる病気です。

 

症状は一番多い訴えから挙げると、排便時の”しぶり”です。具体的にはウンチをする時間がかかったり、うめき声をあげるなどですね。重症化すると自力で排便できなくなります。さらに膀胱までとびだすと、排尿困難になり命に関わってきます。

 

治療法は、外科的手術でないと治りません。
術式は、私の知っている限り10通り以上あるかと思います。

 

ーなぜ、そんなに術式が多いのか?
ベストな術式が確立されておらず
ほかの手術にくらべ再発や合併症がとても多いためです。

 

 

ーなぜ再発や合併症が多いのか?
以下の二点が難しいためと考えております。
「ない壁(骨盤隔膜)をつくりあげる」
「のびきった直腸を元に戻す」

 


とくに性格上よく吠える子は、単純に筋肉同士を縫合すると腹圧に耐えられない場合があり再度とびだすリスクがあります。また片方だけ塞いでも術後の腹圧により反対側も飛び出してしまうことも。なんとか、ない壁をつくりあげた(骨盤隔膜を再建した)としても、だらりと伸びきった直腸は、自然に修復することが難しいのではないかと考えています。

 

すみません思ったより長くなりそうなんで二回に分けて投稿します。
簡潔にまとめる技術は難しいですね。

 


次回は、当院で取り組んでいる術式をご紹介したいと思います。

 

 

雪解けの水が田畑や人をうるおすころだそうです。
ほんのり暖かくなってきましたね。

 

先日ひさしぶりに東京へいって参りました。
勉強したあと大学の仲良かった同期と食事会がありまして。
卒後かなり経ってるんで、多少は変わりましたが
根はおもしろいぐらい変わらずでしたね。
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

 

思い起こすと学生時代にすんでたのは、
獣医大学(六年制)がある武蔵境というところです。
残念ながら今回は訪れてません。
当時の大学横には花屋。
駅前には ドム ドムバーガー。
車もないためテイクアウトより
多くの学生が、EATインしていました。

 

昼めし時によく通ったのが
踏切近くの通称 ”クサラー”というラーメン店。
誤解なきよう言っときますが、最高に美味い!ラーメンですよ。
またニナガワさんの肉みそ定食だったかな?これもまた絶品
なので午前授業が終わると「クサラー?それともニナる?」
そんなおバカなセリフが当時の決まり文句でした。

 

 

あれから二十数年あまり経ったので街並は変わっています。
しかし自分がみた景色は色褪せることなく
年を重なるにつれ輝きを増しているような気がします。
さて昔に浸るのはここまで
現実へと

 

 

気づくと人生の折り返し地点

 

 

そうだ
厄払い いかなきゃ...

 

 

むかし患部を舐めないようにするエリザベスカラーの代替品として似た様なものがありましたが、やや重くて見た目がよろしくなかった印象があります。

 

しかし、頭を保護するために下の写真↓はよさそうですねー
当院のチワワちゃんスタッフいわく、毎日着けていても気にならないみたいですよ。

 

 

 

2月13日(月)午前診療(9~12時)誠に勝手ながら院長のみ不在させていただきます。

顧問獣医師は待機しております。
なお午後診療(16時〜19時30分)は通常どおり診察しております。
予めご了承ください。