福知山の清水ペットクリニックHP 犬猫の病気・避妊手術・去勢手術・フィラリア予防は当動物病院まで。
ホーム > 最新情報&院長ブログ > 続 会陰ヘルニア

続 会陰ヘルニア

 

 

おかげさまで、会陰ヘルニアの手術について
遠方からのお問い合わせを多くいただいてます

 


当院の術式は、「閉鎖孔を利用したPPメッシュ法巾着縫合法による

 

 

直腸縫縮術」になります

 

 

 

 

 

 

 

そこでよくある質問です

 

 


(1)どのような手順で来院したらよいか?

 

 


遠方からお越しの飼い主様は、初診時と退院時だけの2回で済むよう


手術をして抜糸するまでの期間、およそ10日〜2週間ていどお預かりしています

 


また血液検査で病気がみつかり、手術をおすすめできない場合もあるため、

 

 

 

かかりつけの病院さんで あらかじめ血液検査をお勧めいたします

 

 

 

 

手術ご希望の方は、ご予約のお電話をお願いいたします

 

 

 

 

 

(2)術後経過や合併症は?

 


会陰ヘルニアは現在まで33例手術しております。

 

 

ヘルニアの再発は、ほぼ0%です

 

 

 

ただ特殊な例として左右両側だけでなく、

 

 

肛門直下からとびだしたヘルニアが2例いました

 

 

 

つまり、ヘルニアでとびだした場所が3カ所も!

 


この場合PPメッシュ法は、やや変法になります。肛門直下でメッシュをクロスさせて

 

第1-2尾椎間で固定します。この際に尿道をきつく締めないよう注意です

 

 

 

 

 

 

 

また33例中3例は、術後もしぶりがなかなか改善しないケースに直面いたしました

 


ただ再度の縫縮術でよくなることが多いです

 

(肛門直下の6時方向も巾着縫合して直腸縫縮するのですが、左右に比べ縫縮した

 

直腸が伸びやすいことに原因があるかと思います)

 

 

 

あと2年後にPPメッシュの異物反応をおこした子が33例中2例です。おしりに

 

 

小さな穴があいた程度ですみ、薬で改善しております

 

 

 

(3)費用はどれくらい?

 

 


一般的な手術の倍ぐらいとなっております。詳しくは病院までお問い合わせください

 

 

 

 

 

会陰ヘルニアのPPメッシュ法は、かれこれ10年ぐらいになりますが、すこしづつ術式も

 

 

改良を重ねてきました。当初は、手術も3時間以上かかっていましたが、

 

 

今は90分くらいに短縮できるようになりました

 

 

 

しかし、これでもまだ完成形ではないのかもしれません

 

 

 

 

今後もよりよい成果が得られるよう努力です