福知山の清水ペットクリニックHP 犬猫の病気・避妊手術・去勢手術・フィラリア予防は当動物病院まで。
ホーム > 最新情報&院長ブログ

最新情報&院長ブログ

rss

件数:92

 

 

 

 

こないだ初めて舟釣りを体験しました。

 


船酔いすることなく、景色もきれいです。

 


釣り糸をたらしているとまもなく

 


ビギナーズラック…きましたねー

 

 

 

 

 

 

 

 

アコウ(キジハタ)という魚です

 


市場にはあまら出回らず、活けは超高級料亭でしかでないそう!

 


釣果はアコウ2匹、ウッカリカサゴ1匹でした。

 


全体で、、

 

 

 

 

 

 

おかげさまで楽しく美味しい1日となりました

 

 

 

釣りの世界は奥が深い

 

 

 

どっぷりゆっくりはまっていこうかと思います

 

 

 


お誘いいただいた公誠館の館長、S見さん、K村さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク中の祝日は、近隣の動物病院と交代で


診察を行います。それぞれ担当は以下の通りです。

 

 

 

 

       4月30日(月) :竹下犬猫病院


     5月3日  (木) :清水ペットクリニック


     5月4日  (金) :にほんまつ動物病院


     5月5日  (土) :にほんまつ動物病院

 

 

 

 

○診察時間は、午前10時から12時です。


○緊急の診察に限ります。


○休日料金がかかりますのでご了承ください

 

 

 

 

 

 

4月10日(火)は午前のみ休診

 

させていただきます。

 


午後の診療は通常通り行います。

 

 

 


ご迷惑おかけしますが

 


何卒ご容赦くださいますようお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

(1)フィラリア予防(犬、猫も予防できます)

 


(2)狂犬病ワクチン(犬のみ)

 


(3)ノミ・ダニ予防(犬猫とも)

 


ワクチン予防接種 (接種時期はその子により異なります)

 

 

 


以下まとまりのない長い解説ですが、ご容赦ください

(1)心臓に虫が寄生する病気です。蚊が媒介するため京都府北部での予防期間は5~12月です。
 体内に入ってから1ヶ月後の虫にお薬が効くため、蚊がいなくなってからも投薬が必要です。
 最後の2ヶ月間はとくに重要ですよ。飲まし忘れに注意しましょう。また散歩しない室内犬でも  
 感染することはあります。予防が大事な病気です。

 

 

 

(2)狂犬病により毎年5万人以上が海外で亡くなっています。発症すると人や動物は、ほぼ100%死亡します。法律で狂犬病予防注射を毎年1回接種することが義務づけられています(20万円以下の罰金。先月H30年2月宮崎県で逮捕者がでました)
 H29年度福知山市の狂犬病接種率は74%(全国平均と比べても接種率高い)ただ未登録犬も含めると、7割を切る(蔓延する危険水準)可能性があります。現在国内になく人を守る法律ですが、万が一、国内に入ってきた場合、メディアで大々的に取り上げられワクチン不足になると予想します。その近くで飼われている狂犬病未接種犬とくに人を噛む危険性のある子(京都府では年間100件ほどの咬傷事故発生)は、捕獲抑留や何らかの処分対象になる可能性も十分に考えられます。大事な家族の一員を守るためにも、狂犬病ワクチンは毎年4〜6月に必ず接種しておきましょう。

 

 

 

(3)個人的な経験ですが、2~3年前から冬でもマダニに寄生するワンちゃん、ネコちゃんも増えてきました。またそれに伴い全国的に春から秋にかけてマダニからうつるSFTS(重症熱性血小板減少症候群: Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome)に罹患する患者さんも目立っております(現時点で患者数319人、死者60人、致死率19% )とくに西日本は多いですね。
当初はこの病気に感染するのは、山へ山菜採りに行った高齢者がダニに噛まれ感染するんだろうと思っていました。しかし、2017年にSFTSウイルスに感染した犬やネコ(多頭飼育していたご婦人がネコに噛まれSFTS発症)から人が感染したという報告がありました。そのためマダニに咬まれて感染した動物の体液からもSFTSウイルスに感染する可能性があると厚労省より解説されています。マダニは一年中活動するため、ノミ・マダニ年中予防をお勧めしています。SFTSウイルスに感染すると白血球減少や血小板減少が認められ、発熱や胃腸風邪のような症状がでます。犬では不顕性感染(症状ない)といわれていますが、H29年度の獣医学術年次大会で発熱や血小板減少の症状を伴う犬の報告が学会発表されました。猫は重篤な症状を示すようで、なかなか鑑別が難しく見過ごされるケースが多いのではないかと思います。とくに春はマダニの発生が多くなるため注意しましょう。

 

 

 

○犬猫のワクチンは、大きく分けてコアワクチンとノンコアワクチンに分かれます。

コアワクチン:世界中で感染、重度の致死的疾患
       犬 ジステンパーウイルス、アデノウイルス、パルボウイルス
       猫 パルボウイルス、ヘルペスウイルス、カリシウイルス
       全ての個体(犬猫)に接種することをオススメしてます。 
ノンコアワクチン:地理的要因、流行地域により必要性
         犬 パラインフルエンザ、レプトスピラなど
         猫 猫白血病ウイルス(FeLV)、猫エイズ(FIV)、クラミジアなど
         レプトスピラ(人畜共通感染症)は、宮津で多く発生しており、綾部、福知山に

         おいてもたびたび発生報告(届出伝染病)されています。よく散歩する子で田んぼ、

         沼地、水たまりの水を舐める子は要注意ですよ(感染源はネズミの尿)
京都府北部の動物病院(全ての病院ではありません)では、コアワクチンの抗体検査を受け付けております。抗体価が陽性であれば、3年に1回の接種でも問題ありません。ただし、レプトスピラ(ノンコアワクチン)に関しては、毎年接種が必要になります。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

スタッフの間で流行ってる


かぶりもの 意外に癒されます。

 

 

 

 

 

 

医局ネコ(メル)にかぶせても、すんなり受け入れてます


ガチャガチャ(300~400円?)でも手に入るみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり嫌がってません


むしろ嬉しいんだろうか。。

 

 

 

 

 

ワンちゃんネコちゃんが、休日や時間外にお困りの際は


HP上のお問い合わせにメールしていただけると

電話より対応しやすく、ありがたく存じます。
(獣医師からのメールも受け付けております)

 

すぐに返信できない場合もあるため、何卒ご了承ください。

 

尚、避妊去勢のご予約や料金のお問い合わせは、診察時間にお電話にてご連絡ください。

 

 

 

 

「体が資本」とはよく言ったもので
今やどんな仕事においても
重要なんではないでしょうか

 

多少疲れても若い時分は、気力だけでどうにかなったもんですが…
だいぶ健康には気をつかうようになりました。

 

 

自分の健康法を勝手にご紹介
まずは丈夫な体づくりから


以前は1~2時間ゆっくり走ることがメインでした。
昨年から週一のジムトレ(体幹づくりのデッドリフトいいですね)

 

また護身のため習いはじめた空手。しっかりと稽古をつけていただいた後の充実感と適度な筋肉疲労はとても心地いいです。

ただ筋肉痛になるようじゃまだまだ未熟みたいです。。

(公誠館館長のブログです。https://ameblo.jp/kouseikan/entry-12355491510.html 病院の紹介させていただきました)

 

食事面では、毎日卵2~3個食べてます(完全栄養食。心配だったコレステロールの摂取基準も2015年厚労省より撤廃。食事中と血中コレステロールの相関関係はなさそう)

卵だけでは食物繊維とビタミンCが足りないため、納豆とトマトも欠かせません。
すると、、、あれほど苦しめられていた口内炎にならず!


のどの痛みはマヌカハニー(濃いやつだとピロリ菌にも効果あるとか。ほんとかなーと思い調べてみると文献発見→Journal of the Royal Society of Medicine1994 Jan; 87(1): 9–12.)

 

冷え性には、以前ここにも書いた肩甲骨周辺のハクキンカイロで手先までポカポカ


おかげで今年は体調崩して寝込むことはなかったですねー

 

食べすぎ飲みすぎによる、腸炎はちょっとありました...気をつけますね。

 

 

 

 

 

キャッツ☆ワンさん主催の「幸せになった保護犬・猫の写真展&音楽会」

 

平成30年2月25日(日)福知山のサンホテルて開催いたします。

 

 

 

私も僭越ながら30分ほどですが

 

「適正飼育について」講演させていただきます。

 

どうぞお気軽にご来場ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいまスライド作成中です

 

 

なんとか...間にあわせます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月5日(月)は午前のみ休診させていただきます。

午後の診療は通常通り行います。

ご迷惑おかけしますが

何卒ご容赦くださいますようお願いいたします。

 

 

 

 

平成29年12月31日(日)から平成30年1月4日(水)まで休診させていただきます。
※ なお12月30日(土)は午前のみの診療になります。